×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOEICテストpart7専門徹底攻略法

TOEICテストpart7専門徹底攻略法

文書ごとのパターンだけで正解が分かる?

 

 

 

Part7では様々な文書が出題されます。

 

 

文書ごとにその解答方法やコツが違ってきます。

 

 

すべての文書形式を知ることによっていきなり知らない文書が出てきて戸惑うなんてことがないようにしましょう。

 

 

 

共通して言えること

 

 

@ 見出しと太文字、数字に注目することで正解を導き出せるパターンがある。
A 問題文の最初の部分と最後の部分、段落ごとの最初の行、最後の行に注目すると正解を導き出せるパターンがある。
B 連絡手段≪Eメール、電話、手紙など≫、日時場所などは問題文の最後の方に書かれている場合が多い。
C 手紙、メールなどのレイアウトには要注意。
D Note,P.Sに正解があることが多い。

 

 

 

文書ごとのレイアウトに慣れていると、どこにどの情報があるかなどが分かりやすく、正解を導きやすくなる。

 

 

文書ごとの定型表現や頻出単語ももちろん存在します。

 

 

Eメール、手紙などでは文書ごとの表現を知っているだけで回答できる問題もあります。

 

 

知っているか知っていないかで解ける解けないが決まる問題のは長文問題において絶対アドバンテージになります。

 

 

文書特有の表現、頻出単語などを覚えているだけで数秒で1問解けるのと、

 

 

知らないために分からない問題に時間をかけるのでは雲泥の差です。

 

 

前者になれるようにしっかりチェックしておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 時間配分の重要性 設問解答手順 設問形式 文書パターン